対州馬に魅せられて~星になった愛犬りんご達と新パートナー犬ラファール&ルアナと共に~


愛犬りんごと仲間を引き連れ、対馬生活が始まった!!素敵な島、対馬の魅力をりんごと共にお届けします!!
by shirokuro-ringo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ルアナ( 5 )


ルアナ、新たな犬生から1年!誕生日を迎えました。\(^o^)/

あの日、ルアナと出会ってからもう1年が経ちました。


517日はルアナが生まれ変わった日。


2度目の犬生がスタートした日。


b0202125_16112422.jpg


人間に見捨てられて野犬暮らしをしていたルアナ。


罠で左前肢を切断、それでも3本肢で懸命に子犬たちを育てていましたが、子犬達はみんな捕獲処分されてしまいました。


その数か月後、発見された時には左後肢も切断されていました。


関節部分ではない骨までも切断する威力のあるワナって…”(-“”-)”


捕獲時の傷は生々しくとても痛々しい姿をしていました。



今でも思う、あの日あの場所に行った偶然。


ルアナとの出会い。



あの日、ルアナと出会えたのは、きっと神様がこの世に生きて残すべき何か使命をルアナに与えたんじゃないかな~。(*^^*)



“ルアナ”


ハワイの言葉で「幸せ」


これから先、ルアナが幸せであるようにと願って付けた名前ですが、ルアナ自身が人を幸せにする力を持っている、そんな気がします。



ラファール&ルアナ、休日のドライブ散歩が大好き。

b0202125_22363529.jpg


あ!!!


ルアナが倒れてる!!Σ(゚Д゚)

b0202125_22370272.jpg


バッタリ…(;O;)


b0202125_22372621.jpg


って、ねえ、もうちょっとさぁ休憩する時の恰好ってものがあるんじゃないの~


通りかかる車のドライバーさんたちが驚いた顔して見てたよ(^^;)


行き倒れ?ひかれた?ように見えたのかもね。


b0202125_22374753.jpg


ね、ルアナ。


b0202125_22381117.jpg


とっても気持ち良いんだね(*^_^*)



b0202125_22384213.jpg

これからもいっぱい幸せであってね。






[PR]

by shirokuro-ringo | 2017-05-22 16:17 | ルアナ | Comments(0)

1月号広報つしまに載っていました。

おそらく“るこ”の一件があったからかな。
b0202125_174058.jpg

トラバサミ
(写真は“るこ”が捕獲時に引きずっていたもの)
b0202125_18328.jpg

野犬の頃、罠で左前後肢を失った我が家の愛犬“ルアナ”
b0202125_182270.jpg

同じく左の前肢を失った犬“るこ”
b0202125_192176.jpg

ツシマヤマネコや、ツシマテンや、野犬や、罠にかかった動物たちの痛みや苦しみは計り知れない。

そう簡単には無くならないのかもしれない。
でも、今回広報に掲載されたことで、トラバサミ使用が0ゼロになることを
二度と同じことが起こらないことを…
もう犠牲者が出ないことを…
願います。
[PR]

by shirokuro-ringo | 2017-01-27 01:11 | ルアナ | Comments(0)

ルアナとドライブ

対馬市に記録的大雨が降ったり、どんよりした天気が続いていました。
イマイチすっきりした日が少ない最近でしたが、先日の休日、絶好のドライブ日和!!
ルアナとドライブに行って来ました!(^^)!

ラファールはドライブというか…車が苦手なのでお留守番。
車馴致に時間をかけてあげられていないので、慣れるはずはなく…飼い主反省(:_;)
いずれ2匹一緒に景色のいい場所に連れて行ってあげたいな。
ハチャメチャになりそうだけどね(笑)

ルアナ、当初は短時間の車移動でも緊張が見られましたが、今ではだいぶ慣れてきました。
初めてのいつもよりちょっとだけ遠出。
私が対馬でとっても大好きな場所に。

b0202125_1446267.jpg

b0202125_14472432.jpg

2本足でも走るのが凄く速い!!
ルアナが走れば私も走る!
と~っても嬉しそうにとにかく走り回っていました。
一緒に走っているので写真は撮れませんが(^^;

b0202125_14475527.jpg

疲れたら休憩。
ルアナのペースで(*^。^*)

b0202125_14481670.jpg

青空に白い雲。山の緑、波の音、心地よい風。

b0202125_14483721.jpg

ルアナの

b0202125_14494152.jpg

笑顔!!

b0202125_14492141.jpg

また来ようね。

b0202125_14501226.jpg

帰りには洗車機に一緒に入って。迫ってくる洗車ブラシにやや逃げ腰(^^;)
何でも経験。傍にいるから安心して、大丈夫だよ。(*^_^*)

b0202125_14504070.jpg

帰宅後、遊び疲れて爆睡。
寝言を言いながら、肢をバタバタ、走っている夢をみてたのかな。

b0202125_1451346.jpg

そんなルアナが可愛い…というより、愛おしい。

お留守番を任されていた!?ラファール。
任務から解放されて安心したのでしょうか。
私の背後で…
爆睡?? (笑)

b0202125_14521370.jpg

あまりにヒドイ(≧◇≦)のでついついこんな写真ばかり載せてしまう(^^;

ちゃんとすると、いい顔なんですよ(^o^)/
一応ホロウしておかないとね。

b0202125_14523587.jpg

[PR]

by shirokuro-ringo | 2016-09-26 14:56 | ルアナ | Comments(1)

生まれ変わった黒い犬 ~ルアナとの出会い その2~

前の投稿の続きです。

翌日、車が出発しました。

b0202125_16181847.jpg

行先は…
動物病院!!
まずは傷ついた身体を治さなくちゃね!(^^)!

b0202125_16192730.jpg

前肢は人間でいう手首から切断されていました。
既に傷は自分で舐めて治したようで、表面はタコのように硬くなり治療の必要はなし。
後肢は人間でいう脛から切断、皮膚が裂け切断面から骨が見え化膿もしていたので後日、後膝からの断脚手術となりました。
術後の面会。
麻酔から覚め、痛みに耐えていました。
本当に我慢強く気丈な犬。

b0202125_16232320.jpg

幸い感染症、血液検査の異常はなし、フィラリアも陰性(^-^)
不幸中の幸い!!

経過良好で抜糸も済み、今ではダニだらけだった全身も薬とシャンプーですっきりさっぱり(^○^)
皮膚も再生してきました。

生まれ変わった黒い犬、名前は『ルアナ』
ハワイの言葉で語意は、“幸せ・幸福”
一生分の辛い経験をしてきたルアナ。
これからは名前の様に生きて欲しい。

抜糸までの安静期間はクレート越しにラファールとご対面。

b0202125_16242471.jpg

他犬が好きじゃないルアナ、最初の頃は唸っていたけど諦めたのか?徐々に受け入れるようになりました。
治療も終わっていよいよ2匹を解放~!!

b0202125_16251084.jpg
b0202125_16252931.jpg

あっという間にラファールのベッドはルアナに乗っ取られました(笑)
どうしていいのか困ったラファールはおもちゃをガジガジ(^-^;
八つ当たり!?

b0202125_16272282.jpg

困りながらも自分のベッドを譲ってあげる優しいラファール(^^)。

お互いを受け入れたんだね、仲良し2匹は寝相も一緒。

b0202125_16282691.jpg
b0202125_16284092.jpg

お散歩が大好きなルアナ。日向ぼっこしながら景色を眺めるのが好き。
穏やかな顔になってきました。

b0202125_16293297.jpg

2本の肢でもダッシュすると結構速い!
けれどやっぱり体力は消耗しちゃうよね。

疲れたら所構わず休憩しま~す(^^ゞ

b0202125_1635822.jpg

同じ目線で…

b0202125_16365211.jpg

ハナ、アップ!!(笑)

b0202125_16384082.jpg

澄ました2匹、肖像画みたい?

b0202125_1640252.jpg

我が家に来た当初、突然起きてはクークー悲しげに鳴きながら、何かを探すかのように部屋中ピョコピョコと歩き回っていたルアナ。
犬にだって辛い過去を思い出す瞬間があるよね。

いづれそれも忘れられる日が来るからね(^^)

ラファールのトラウマもいつかきっと忘れられる日が来るよ。

ね、そうだよね、ラファール(^^♪

b0202125_1652846.jpg

・・・なんだこれは(笑)
[PR]

by shirokuro-ringo | 2016-06-13 17:05 | ルアナ | Comments(0)

黒い犬のお話(;_; ~ルアナとの出会い その1~

ルンタが里親さんご家族に引き取られ、ラファールと以前の生活に戻りつつありました。
愛犬はラファール1匹(^^)。
そのつもりでした。

ルンタを送り出した後も立て続く子犬、成犬の捕獲に里親探し…(;_;
そんな中、1匹の黒い野犬が捕獲されました。

もう何ヶ月になるのかな~。
1年は経っていないようだけど、結構な広範囲を放浪していたようで…

そのうちある場所に住み着き、やがて7匹の子犬を産みました。
子犬は生後2か月程で捕獲され、子犬を奪われた黒い母犬は警戒しその場を立ち去りました。
子犬達はもうこの世にはいません…。

ちょうどその日、偶然初めてその犬と出会いました。
車の前に突然現れた一匹の黒い中型犬。
赤い首輪に左前肢が切断された3本肢の犬。
ほんの数秒間、じっとこちらを見つめ、立ち去りました。
その後数か月、誰もその犬を見かけることはなく…。

5月。

再び現れたときには左後肢も切断されていました。
有害鳥獣駆除のため仕掛けられている罠にかかっていたようです。
くくり罠なのか…(トラバサミではないことを…)
やがて皮膚は壊死、暴れたのか喰い切ったのか、骨が折れてやっと罠から解放されました。
そして捕獲、拘留。
行く末は…殺処分。

その日、予定はしていなかったけれど、とある場所に何となく立ち寄りました。
到着して間もなく入ってきたトラックは犬の処分場行きでした。

同側の前後肢が切断されている黒い犬と再び対面しました。

b0202125_1559955.jpg

b0202125_15593953.jpg

後肢の傷は痛々しく皮膚は裂けて出血もしていました。

b0202125_160444.jpg

無抵抗な犬は間もなくトラックに乗せられました。
この後、この犬の身に起こる事が容易に想像できました。
心も身体も傷ついて、恐怖、痛み、悲しみの中で苦しみながら死んでいく。

この犬が一体どれほどの悪いことをしたのかな。

水もエサも拒み、引きずられて傷口から出血しても痛いと声を出すこともなくただじっと耐え、自らの身にこれから起こるが分かっているかのように。

野犬になる前は飼い犬だったはず。
どんな理由があってこの犬を捨てたのかは分かりません。
理由は何にしても、見捨てられた犬が自由に生きることは許されず、捕獲されその殆どは命を奪われる…。
その間の扱いも人によって様々…。

犬は生きる事を諦めた目をしていました。

この悲しい現実を伝えることで、少しでも辛い思いをする動物たちが減りますように…。
[PR]

by shirokuro-ringo | 2016-06-13 16:09 | ルアナ | Comments(0)